モバイルマーケティング担当者は、パーソナライズされたプッシュ通知が、一般的な一斉送信のプッシュ通知よりも最大で800%有効であるという結論に至っています。
モバイルマーケティングソリューションを使用すると、よりパーソナライズされたコンテンツを生成し、マーケティングを自動化できます。
さらに、メッセージの内容をパーソナライズすることに加えて、モバイルの専門家はメッセージの送信時にパーソナライズをより精緻にするための分析をしています。

 

メッセージの開封にタイムゾーンが重要な要素となることは明らかです。
サンフランシスコが午前中である時間帯に送るメッセージが、午前4時であるオーストラリアにいるユーザーを起こしてしまっていないかを確認することが重要です。
しかし、プッシュ通知をタイムゾーンでスケジュール設定するだけでは十分でないことが明らかになりました。
マーケティング担当者は単なる一斉送信ではなく、Optimal Timeを利用してプッシュ通知をスケジュール設定することによって、開封率を向上させる必要があります。

 

最新のデータサイエンスレポート「“Personalize or Bust: The Impact on App Engagement,”」では、Optimal Timeを利用してプッシュ通知を送信すると、タイムゾーンでスケジュール設定されたものよりも3倍開封率が向上することがわかりました。

 

 

タイムゾーンによるスケジュール設定とは

通知がまだ黎明期であった頃は、手動で、もしくは事前に決められた時間にすべてのユーザーに送信するのが標準的な方法でした。
やがて、ユーザーのタイムゾーンと地域の違いを認識することが次のステップとなりました。
タイムゾーン別にスケジュール設定することで、ユーザーが眠っているときにメッセージが送信されないようにすることができます。
タイムゾーンをベンチマークとして使用すると、特定の時間(たとえば水曜日の午前11時)にユーザーにメッセージを送信することで、世界中のユーザーが同時にメッセージを受信することができます。

 

LP1

 

 

なぜタイムゾーンでスケジュール設定するだけでは不十分なのか

 

タイムゾーン別のスケジュール設定では、標準的な睡眠時間を尊重することができますが、アプリ内の個々のユーザーの行動パターンを認識することはできません。

 

たとえばタイムゾーンで通知をスケジュール設定する場合、マーケティング担当者は、午後3時といった使いやすい時間を選択することがあります。
しかし、とあるロイヤルユーザーは午後11時にアプリを起動しているかもしれません。
すると午後3時の通知は失敗となり、この特定のユーザーはスケジュール設定された通知の恩恵を受けません。

 

個々のユーザーの好みに加えて、ユーザーがプッシュ通知を利用している場合、地域と文化も大きな影響があります。
たとえば、私たちの報告書「“Breaking Barriers to Push Notification Engagement,”」 においては、アジア太平洋地域ではユーザーが朝に最もアプリを利用し、一方中南米では夕方に利用することが多いということがわかりました。

 

文化と地域は、タイムゾーン別のスケジュール設定だけでは十分ではないもう一つの理由です。
個々のユーザー行動に基づいて通知を送信するには、Optimal Timeのようなツールが必要です。

 

 

Optimal Timeとはなにか

Optimal Timeは、各ユーザーの個々のアプリの起動パターンを調べ、ユーザーが最も開封する可能性が高いときに自動的にメッセージを送信する機械学習アルゴリズムです。
同時にすべてのユーザー(または複数のユーザーのグループ)に送信するのではなく、Optimal Timeは独自のアプリ履歴を使用して、パーソナライズされた時間にユーザーに通知を送信します。

 

 

なぜOptimal Timeは有効なのか

Optimal Timeは、個々のユーザーごとにカスタマイズされたユーザーエクスペリエンスを生むため、タイムゾーンによってスケジュール設定されたメッセージよりも3倍高い開封率をもたらします。
このレポートでは、Optimal Timeの開封率はタイムゾーンで送信される通知の3倍であるものの、一方で3.5倍の通知が送信されています。

 

これは、よりパーソナライズされたプッシュ通知の手法の今後の関わり方と採用に関して大きなチャンスがあることを意味します。

 

とあるLeanplumの顧客は、ゲーム内通貨の使用を促進するプッシュ通知のA/Bテストを行いました。
コントロールグループに対してOptimal Timeのプッシュ通知をテストした結果、より多くのユーザーをアプリに戻すことができ、収益を17%増加させました。

 

 

アプリのマネージャーにとって意味していること

 

たとえば、Virgin Americaがフライトセールを行っているという通知をすべてのユーザーに送信したいとします。
Optimal Timeでは、各ユーザーの過去の行動が考慮されます。
Katyには朝のバスで通勤している間にメッセージを送りますが、Brianには仕事の後でリラックスしている夕方にメッセージを送ります。

 

ユーザーがアプリとどのように関わっているかを理解することで、より多くのユーザーを彼らがアプリを利用する時間がある時にアプリに呼び戻すことができ、収益を増やすことができます。

 

LP2

 

Optimal Timeの利用をはじめましょう

 

Optimal Timeを利用し、プッシュ通知のエンゲージメントを強化したい場合は、Leanplumへ無料のデモをリクエストしてください。
Optimal Timeの使用方法や、LeanplumがモバイルROIをどのように高めることができるかなど、喜んでご質問にお答えします。

 

 

 

リーン・ニシカタでは、LEANPLUMの無料の評価プログラムがございます。
ご関心を持って頂けましたら、是非この機会にご自身のアプリでご評価を検討して頂けますと幸いです。

ご質問等お気軽にお問い合わせください。

この記事は米Leanplum(リーンプラム)社の了解を得て日本語抄訳したものです(原文はこちら)。

株式会社リーン・ニシカタについて

株式会社リーン・ニシカタ(リーンニシカタ)は、データ分析に基づくモバイルアプリのグロースハックを提供する企業です。
Leanplumの日本における代理店として、主要機能であるプッシュ通知、アプリ内メッセージ、A/Bテストを駆使し、ユーザー定着の促進とロイヤル化、長期エンゲージメントを実現します。
ツールの導入相談・支援から、データ分析、グロースハックの運用代行まで幅広いメニューを提供しています。

カテゴリー: LEANPLUM