Snapchat App UX

Snapchat(スナップチャット)は、2018年2月のKylie Jennerのツイートや、同年3月の不適切な広告による炎上で、21億ドルもの時価総額を下落させました。

Snapchat App Ux Tweet

この記事では、そんな世間を賑わせているSnapchatについて、

  • 初回利用時の操作
  • コア機能
  • 人々の生活を抜本的に変えた新機能

に関する、アプリUXの分析事例を紹介します。

 

初回利用時の操作

Snapchatの優れている点

最初にアプリを起動した際、Snapchatのブランドロゴとサインイン、サインアップボタンが表示された画面が開きます。今回はサインアップを選択して、登録情報を入力しました。

    Snapchat App UX Registration

    その後、携帯電話に登録されている連絡リストからフレンド追加が案内され、操作をすると、直接カメラ画面が表示されます。ここからすぐに、写真やビデオをスナップして共有することができます。

    今回は試しに写真を撮ろうとしたところ、すぐに位置情報へのアクセス許可のダイアログが表示されました。こちらもタイミングが良く、また、内容も伝わりやすいものになっています。

    初回利用の全体の操作は、アプリのコア機能に向けて直接的に向かうように設計されており、狙い通りの操作を直感的に行うことができました。

    Snapchat App UX Friends

    Snapchatの改善すべき点

    Snapchatは、直感的に操作できるUXであり、チュートリアル機能はありません。多くの機能は、偶然か、あるいは最初に発見したフレンドから学ぶことができます。口頭でのコミュニケーションを増やす、という目的のために敢えてそのような設計にしているという議論もありました

    ただしリテラシーの高いユーザーも、ときには操作説明が必要です。そのために、Snapchatは、

    • アプリ内メッセージ
    • プッシュ通知
    • 電子メール

    を組み合わせた、初期利用ユーザーのサポート戦略を試す余地があります。

    例えば、初期利用ユーザがログインしたタイミングで、基本機能を説明するためのアプリ内メッセージや、ディープリンク付きのプッシュ通知でリマインダを送信することで、途中でのアプリ離脱を軽減することができます。また、操作に役立つヒントを含めたメールでのコミュニケーションも有益です。

    これらの取り組みが正しく行われれば、より多くのリピート利用を促進できるでしょう。これはアプリの重要なコンバージョン指標です。

     

    アプリUX

    基本的なアプリ機能

    📷 カメラ画面:起動時のデフォルト表示はカメラ画面で、スナップやヒストリーと呼ばれる写真社ビデオを撮ってフレンドに送ることができます。

    👈 左にスワイプ:友人リストが表示されます。ここからスナップやストーリーを見たり、プライベートメッセージを送ることができます。

    Snapchat App UX Friends

    👉 右にスワイプ:ディスカバリーページが表示されます。出版物、クリエイター、有名人のコンテンツを見ることができます。

    Snapchat App UX Discover Feed

    ☝ 上にスワイプ:プロフィールページが表示されます。 Bitmojiやプロフィール写真などの個人設定はここで切り替えられます。

    Snapchat App UX Profile

    👇 下にスワイプ:「メモリーズ」ページに移動します。 ここでスナップやストーリーを保存することができます。

    Snapchat App UX Memories

    Snapchatの改善すべき点

    各機能の初回利用時のインタラクティブな操作でのチュートリアルが有益です。例えば、デフォルトのカメラ画面内で移動矢印を各方向(説明テキスト付き)に配置することで、ユーザーは混乱を避けることができます。

    実際のリリース前に、A/Bテストでこの変更でエンゲージメントがどの程度変化するかを評価を行うことで、既存ユーザーへの不満を防ぎつつ、新規ユーザーに有益な機能追加を実現することができるでしょう。

     

    スナップとストーリー作成

    Snapchatの優れている点

    Snapchatのフィルタは非常に良くできています。

    フィルタを使用するには、アプリのデフォルトカメラ画面上でタップして、ポップアップメニューでオプションを選択します。

    Snapchat App UX Filter

    スナップやストーリーを撮ると、画面の右上に別のメニューが表示されます。 そこから、背景、絵文字、テキスト、輝き、カラーなどを追加できます。

    編集が終わったら、画面の下隅にある右手の矢印をタップして、見せたいフレンドを選んで送信します。

    Snapchat App UX Snap

    一定バージョン以降では、一度に最大60秒のビデオを撮ることができます(前の制限は10秒でした)。 一度録画されると、編集用のフッテージは10秒のループに分割されます。 ただし、見る際はフルタイムで再生されます。

    Snapchatの改善すべき点

    スナップとストーリー作成に関しては、問題点は見つかりませんでした。SnapchatのUXで非常に優れている機能です。

     

    フレンドリストとストーリーフィード

    アップデート内容 ※ 2018年3月時点

    古いバージョンのフレンドリストは、時系列で表示されていましたが、新バージョンではアルゴリズムによって、ユーザーにとって興味のあると判断されたコンテンツがより上方に表示されます。

    Snapchat App UX Stories

    フレンドが新しいストーリーを投稿すると、名前の横に円形のプレビューボタンが表示され、単にそれをタップするだけでストーリーを見ることができます。 終了後、Snapchatは最初に広告を表示し、次に別の友人のストーリーのプレビューを表示します。 プレビュー画面をタップして視聴を継続するか、スワイプしてスキップするか、終了かを選びます。

    Snapchatの改善すべき点

    ストーリーフィードの変更は、長年Snapchatを利用しているユーザーからは不評で、その理由は以下の通りです。

    • 未読のストーリーを都度、下にスクロールして探すのは難しい
    • ストーリー間で表示される広告により、Snapchatの視聴UXが損なわれた
    • ストーリーを見直す操作が非常に複雑である

    更に不満を積もらせないために、機能リリース前に、適切にユーザーセグメントを設定したA/Bテストで検証するのが有効でしょう。

    あらゆる変化には、肯定的な影響と否定的な影響が一定存在します。例えば、ストーリー間の広告は広告主に取ってはよい機能になりますが、ロイヤリティの高い既存ユーザーにとっては否定的な機能になりえます。

    ユーザーセグメントを適切に定義することで、Snapchatは特定のユーザーに各アップデートを出し分けて提供することができます。また、同時にこれらの更新が各KPIにどのように影響するかを測定することも可能です。

     

    ディスカバーページとスナップマップ

    Snapchatの優れている点

    ディスカバーページはフォローしているメディアや有名人、友人などの情報からパーソナライズされたフィードになっています。私の場合は、美容や有名人の内容が多く、セブンティーンのデジタル版のようです。

    特定のタイプのコンテンツを非表示にしたい場合は、フィードを長押しして「登録解除」もしくは「これに似たストーリーの表示を減らす」をクリックするだけです。

    Snapchat App UX Unsubscribe

    直近追加されたスナップマップにはとても驚かされます。この機能の地図では世界中のユーザーストーリーを閲覧することができ、Snapchatは「世界を探求する全く新しい方法」と表現しています。

    Snapchat App UX Maps

    ストーリーを見るには、地図をピンチしてズームインまたはズームアウトし、任意の場所をタップします。 ヒートマップで色付けされたスポットはアクティビティが増加したスポットです。 私はリオデジャネイロやアイスランドのユーザーのストーリーを眺めました。

    世界地図のスケールでズームアウトすると、世界中で起こっている重要なイベントをリアルタイムで見ることができます。 この機能は最近の銃規制活動の際に有用でした。

    Snapchat App UX Events

    他人に見られたくない場合は、アカウントでゴーストモードを有効にすることができます。 この方法では、友人だけがあなたの活動を見ることができます。

    Snapchatの改善すべき点

    スナップマップはなぜ私がテクノロジーを愛しているかを思い起こさせてくれます。直感的なUXを通して、人生と世界的な社会運動の一部を見られるのは大変優れています。

    一方で、プライバシーは多くのユーザーにとって大きな懸念事項であるのにもかかわらず、スナップマップの機能を使う上でのプライバシーへの影響について、十分に掲示できていないようにみえます。 この問題に対処するために、マルチチャネルを活用して、ユーザーに警告することが有効です。

    ディスカバーページにも改善の余地があります。将来的に更にデータを有効活用して、フィードの最適化を行うことで、動画共有プラットフォームであることに加えて、Flipboardのようなソーシャルニュースの位置づけにもなり得るでしょう。

     

    おわりに

    Snapchatのリデザインはプロダクト開発における正解がないことを教えてくれました。この記事では、Snapchatが長年使用していた既存ユーザーにとってのシームレスなUXを阻害する機能改修を行った一方で、ゲームチェンジになりえる革新的な機能を導入したことを紹介しました。

    Snapchatはこのような激しい批判や、時価総額の急落をどのように克服していくでしょうか?それは時間だけが教えてくれます。

    ただし、重要な新機能に対するA/Bテストの活用や、マルチチャネルを通したコミュニケーションキャンペーンを実施できるツールの活用で、より角度高く成功に近づくことができるでしょう。

     

    リーン・ニシカタでは、LEANPLUMの無料の評価プログラムがございます。
    ご関心を持って頂けましたら、是非この機会にご自身のアプリでご評価を検討して頂けますと幸いです。

    ご質問等お気軽にお問い合わせください。


    この記事は米Leanplum(リーンプラム)社の了解を得て日本語抄訳したものです(原文はこちら)。

     

    株式会社リーン・ニシカタについて

    株式会社リーン・ニシカタ(リーンニシカタ)は、データ分析に基づくモバイルアプリのグロースハックを提供する企業です。
    Leanplumの日本における代理店として、主要機能であるプッシュ通知、アプリ内メッセージ、A/Bテストを駆使し、ユーザー定着の促進とロイヤル化、長期エンゲージメントを実現します。
    ツールの導入相談・支援から、データ分析、グロースハックの運用代行まで幅広いメニューを提供しています。

    カテゴリー: LEANPLUM